■第2回 SPT研究発表会

以下の通り研究発表会を開催します。
研究会に関連する幅広い分野の方々からのご発表並びにご参加をお待ちしています。

  • 日時
    平成23(2011)年12月26日(月) 13:00-17:30

  • 場所
    京都大学楽友会館 2階会議・講演室
    〒606-8501 京都市左京区吉田二本松町

  • 交通手段
    JR京都駅から市バス 206系統「東山通 北大路バスターミナル」乗車30分「近衛通」で下車

  • プログラム
    (1) 13:00 - 13:30
    Some remarkable property of the uniformly random distributed archive scheme
    ◯Ahmed Tallat(Tokyo Denki Univ.), Kilho Shin(Univ. of Hyogo), Hwaseon Lee(Korea Univ.) and Hiroshi Yasuda(Tokyo Denki Univ.)

    (2) 13:30 - 14:00
    震災時の情報通信利用の実態と利用者の心理
    ◯千葉直子、山本太郎、関良明、高橋克巳(NTT)、小笠原盛浩(関西大)、関谷直也、 中村功(東洋大)、橋元良明(東大大学院)

    (3) 14:00 - 14:30
    Twitter利用者の震災後の不安と安心
    ◯山本太郎、千葉直子、関良明、植田広樹、高橋克巳(NTT)、小笠原盛浩(関西大)、 関谷直也、中村功(東洋大)、橋元良明(東大大学院)

    −−− 休憩 ( 20分 ) −−−

    (4) 14:50 - 15:30
    [招待講演] 災害時救援情報共有 システムSahana(サハナ)の運用と評価
    ◯吉野太郎(関西学院大、ひょうごんテック、Sahana Japan Team)、fuga(Sahana Japan Team)、榎慎治(ひょうごんテック、Sahana Japan Team)

    −−− 休憩 ( 20分 ) −−−

    (5) 15:50 - 16:30
    [招待講演] クラウドソースによる復興支援プラットフォーム、sinsai.info について
    ◯関治之(OpenStreetMap Foundation Japan)

    −−− 休憩 ( 20分 ) −−−

    (6) 16:50 - 17:30
    [招待講演] 災害コミュニケーションと復興ウォッチャー
    ◯村山優子(岩手県立大学)


  • 発表時間
    一般講演:1件あたり30分(発表:20分、質疑応答10分)
    招待講演:1件あたり40分(質疑応答を含む)

  • 懇親会
    研究会終了後,懇親会を予定しております.
     日時:12月26日(月) 18:00〜
     会場:京都大学 楽友会館1F 楽友会館食堂「特別室」
     会費:4,000円程度

  • 照会先
    SPT研究会 プログラム担当宛
    第2回研究会担当:山本太郎(NTT)
    E-mail: spt-info [at] comm.soft.iwate-pu.ac.jp


※参考情報(発表申込は締め切りました)
  • 申込み方法
    下記必要事項を記入し,電子メールでお申し込みください。
    Subjectは,「【SPT 2】研究会発表申込」とご記入ください。

    1. タイトル:
    2. 著者と所属(全員,発表者に○):
    3. 概要(200字程度)とキーワード(2,3個程度)(プログラム編成のため):
    4. 連絡先(代表者):
      - 郵便番号:
      - 住所:
      - 会社・大学名:
      - 所属名:
      - 電話番号:
      - FAX番号:
      - E-mail:

    申込みいただいた電子メールには受理確認のメールを返信しますので,必ずご確認ください。

    ※以下は参考情報です。提出期限ならびに様式については、情報処理学会からの連絡にしたがってください。
    (1)申込みをいただいた方には、後日学会事務局から原稿(カメラレディ)のご提出についてご案内いたします(上記申込み内容の 4. のご連絡先に送付します)。
    (2)原稿(カメラレディ)の締切は、研究会開催日のおおよそ4週間前を予定しています。原稿(カメラレディ)は、学会事務局より指示のあった提出先にご提出ください。

  • 発表申込締切
    平成23年10月31日(月)11月7日(月)
    ※聴講につきましては,事前申込は不要です.

  • 原稿締切
    平成23年11月28日(月)ごろを予定
    (申込者に学会事務局から連絡します)


  • LAST UPDATE 2011.12.01